数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認
  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。
数理推命 陽数象意基礎編  ⇒ 資料請求

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

元号の切替年度を覚えておくことの大切さ。

最近の方は比較的、自身の生年月日を西暦で答えられる方が多くなってきましたが
やはり我々の年代の方は、元号で答えられる方のほうが多い様に感じます。
元号の切替年度を覚えておくことにより、スムーズに運びかつ依頼者様に安心感と信頼感を
お持ちになって頂けることと感じます。





何故、元号の切替を覚えておくほうが良いのか?と申しますと


平成元年の方からご依頼されたとします。

・平成・昭和 ⇒ -1 の加減点です。

 平成元年=1-1=0 ?????


平成元年=昭和64年なので、上記の計算であれば

・平成元年(昭和64年)64-1=63=9(陽数)、2(陰数)
 となります。

些細な事ですが、自助努力で補えることなら吸収するほうが良いでしょう。
依頼者様との信頼関係を築けるか否かは、些細な事で変わります。
そのために、自身でできる努力を怠らない事です。




ご参考までに 「熊本文学散歩・歴史・石橋」資料より 拝借させていただきました。

明治 ⇒ 1868年~1912年 (明治元年~明治45年)

大正 ⇒ 1912年~1926年 (大正元年~大正15年)

昭和 ⇒ 1926年~1989年 (昭和元年~昭和64年)

平成 ⇒ 1989年~現在 (平成元年~現在) です。


http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kumamoto/bungaku/wa_seireki.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。

カテゴリ
記事一覧
記事一覧
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新コメント
ご訪問有難うございます