数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認
  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。
数理推命 陽数象意基礎編  ⇒ 資料請求

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

陽数象意  象意について

陽数象意の概略を掴んでください。







■象意について

象は「かたどる」の意味で、八卦や九星などの表す意味合いを、物や自然現象になぞらえたもの。
繋辞伝では「象は像(かたどる)なり」とされている。(コトバンクより)

陽数象意も気学に通じます。
陽数象意にも象意が必要、気学と遜色ありません。


1~9の数字には象意があります。(象意のポイント

八卦(先天定位) 後天定位
1.水

2.土

3.雷

4.風

5.なし        帝王

6.天

7.沢

8.山

9.火

象意1~9の数字には、それぞれたくさんの意味がありますが
上記が基本ですのですべて覚える必要ありません。
あとは応用です。

先天・後天両盤



本命星、月命星、年盤、月盤、日盤、時盤など
これらすべて1~9の数字は象意を表しております。

・本命星・月命星はその人の持って生れた象意

・年盤・月盤・日盤・時盤の中心となる数字は時の流れの象意


陽数象意では、年盤・月盤の2盤で見ます。
姓名画数(自身)から求めた6つの数字(象意)を年盤・月盤に記入していきます。

陽数象意の核となる、6つの数字(象意)の意味

・種命数⇒身体的に一番弱いところを指す

・姓数 ⇒宿命的なその家の考えや柄

・内数 ⇒本人が持つ考え方や姿勢

・命数 ⇒親から与えられた運、終生共に歩む

・人命数⇒姓名の総画数、宿命的に全てを託したもの

・外数 ⇒晩年を表している



上記からもお解かりになられますように
陽数象意では、年盤・月盤という時の流れのなかで
自身がどのような影響を受け、吉凶を判断していきます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。

カテゴリ
記事一覧
記事一覧
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新コメント
ご訪問有難うございます