数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認
  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。
数理推命 陽数象意基礎編  ⇒ 資料請求

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

陽数象意 先天と後天

先天と後天、過去・現在・未来
陽数象意は、今そして今後を見ます。





■先天 後天とは

先天とは、生まれつき身に備わっていること。
後天とは、生まれてからのちに身につけること。


この定義を元に、私たち自身に置き換えますと
・先天⇒生年月日時
・後天⇒姓名


また気学におきましては、先天定位と後天定位があります。
それを示したのが定位盤で、この盤にはそれぞれの位置に意味があります。
・先天定位盤
・後天定位盤


先天・後天両盤



このふたつの盤の意味は
・先天定位盤⇒体(かたち)
・後天定位盤⇒用(はたらき)を意味しています。


上記の要件を踏まえて、
陽数象意で申し上げますと、この占術は「今そして今後」を表しています。
生年月日時も大切ですが、後天である姓名を重要視しております。
何故なら名前は後天であるがゆえです。


数理占術では生年月日時と姓名の画数から
・年数 ⇒ 数理盤作成
・月数 ⇒ 数理盤作成
・日数 ⇒ 数理盤作成
・時数 ⇒ 数理盤作成
・名数
・姓名数
・総日数   

と呼ばれる7つの数字を出し名数・姓名数・総日数を
それぞれの数理盤(年盤・月盤・日盤・時盤)のなかに記していきます。


陽数象意では姓名の画数から
・姓数
・内数
・命数
・人命数
・外数
・種命数

と呼ばれる6つの数字を出し、
後天定位盤(年盤・月盤)を作成して、そのなかに記していきます。
上記の通り、陽数象意では姓名の画数を重要視していることが良くわかると思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。

カテゴリ
記事一覧
記事一覧
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新コメント
ご訪問有難うございます