数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認

  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。

数理推命 陽数象意基礎編  ⇒  資料請求 赤

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

見落とせば誤占の元になる最重要ポイント2

前回の「見落とせば誤占の元になる最重要ポイント」に続いて
二つ目の大切な用件です。
今回は若干「見落とせば」という意味合いとは異なりますが
数理推命陽数象意の作盤上の大切な決まりごとです。

見落とせば誤占の元になる最重要ポイント2の続きを読む

スポンサーサイト

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

見落とせば誤占の元になる最重要ポイント

暗剣殺の対冲は×になる。歳破・月破の対冲は×になる。
命盤を作成において、誰しも意識していることなので見落としは
まずありえないことです。
しかし、数理推命におきましては姓名画数から抽出した5つの数字と
生年月日から求めた数字、合計6つの数字を盤に記入していかねばなりません。

見落とせば誤占の元になる最重要ポイントの続きを読む


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

十干十二支での鑑定方法2

十干十二支の相互関係(相生・相剋)を見て、残った干支を求めるについて
まずは相生・相剋を正確に求めることが大切で、その結果残った干支が出てきます。

十干十二支での鑑定方法2の続きを読む


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

陽数でも傾斜宮を求めることが出来ます。

傾斜法というのは、その方の本質的な隠れた性格を知る方法です。
一般的に気学傾斜法と呼ばれていますが、
その求め方は中宮の月命星から本命星を飛泊させ、その方の傾斜宮を求めることになります。
同様に陽数でもそれを求めることが出来ます。

陽数でも傾斜宮を求めることが出来ます。の続きを読む


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

干の特性を用いた数理推命陽数象意での見方の例2

木を見て森を見ず。とよく言われますように
占いにおいても、凝り固まった見方をせず全体を見ての判断が必要です。
一部に特化した見方では判断も凝り固まってしまうでしょう。
また自身の勘と感も大切です。
しかしこれもまた、そればかりでの判断でも狂いが生じてきます。
インスピレーションは大切ですが、ほどほどに

干の特性を用いた数理推命陽数象意での見方の例2の続きを読む

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。


カテゴリ
記事一覧
記事一覧
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ご訪問有難うございます