数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認
  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。
数理推命 陽数象意基礎編  ⇒ 資料請求

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

数理と姓名をもとに推命する陽数象意は数理推命占術です

改めて申し上げることではありませんが、陽数象意は数理推命占術です。
数理推命占術というのは、数理と姓名とで観る占術ですが姓名判断ではありません。
各人が先天的に持たれている数理と、後天的に持たれている姓名の数理で見る占術です。





冒頭に今更ながらですが、陽数象意について記述させて頂きました。
先日、父のPCの整理をしていましたら、下記の文章を見つけました。
どうやら、2005年頃に私が父の言葉を横でPCに打ち込んだものです。






ここからです。↓↓↓




★数理推命の姓名判断《 シリウス 》へようこそ★

★☆★☆★☆★☆★☆ 数理推命《 シリウス 》 ☆★☆★☆★☆★☆★

 私が「数理推命占術」を始めて、はや25年も経とうとしております。

その間数え切れないほどのご依頼を受けました。

よく昔から、「苦しいときの神頼み」と言われますように
以前は「重い内容の話」のご依頼が多く、色々な方がそれぞれの思い・悩み・苦しみをだかえて
皆様心の拠り所を求めてお越しになって頂いておりました。

しかし、時代の流れとともにここ数年来
従来のお客様に加えて、お若い方(特に若い女性)のご依頼も目立つようになってまいりました。

私たち占術家にとっては非常に有難い事です。
(受け入れて貰いやすくなってきているという事で)


占術と言うのは、決して統計学のような物ではありません。
 占術にも観方が多種多様にありますが、
「数理推命占術」というのは、数理と姓名とで観る占術で、
(その年・月)といったスポットの朴占には
最高の占術であると考えられています。

それぞれの占術に利点があるがため、甲乙つけ難いと思われます。

例えば、人が誕生以来14歳15歳位までは親元で生活しますが、(人によって異なります)
それ以降は、それぞれの「考え方・生き方」によって
永い一生を過ごして行きます。

どなた様も必ずや人生の岐路に立たされるときが来ます。
「就職・結婚・転居・家を普請・対人関係・病気・老後の問題・名付け等々」
さまざまな事があります。

「生年月日と姓名画数」による占術で
新たなる自身を発見され指針とされてはいかがでしょうか・・・

今回特別価格といたしまして 1件¥500-にて
承ります。
(*内容が多岐に亘る物・時間を要する物は別途ご相談に応じます。)

お気軽にメールを下されば、ご判断させていただきます。

  ☆ご依頼に際しての必要事項
   
   ・ご本人様:「姓名」(旧漢字で届けを出されている場合は旧漢字でお願いいたします。

   ・ご本人様:「生年月日」(判れば誕生時間)

*****************************
   
   ・結婚等の場合は 上記のものがお二人分必要です。




ここまで↑↑↑




この文面を作成したのは、
ちょうど私が、父に師事した少し後の頃と思います。



この文面から伺えることは、今から約40年前(父がはじめた頃)の占いの業界というのは
世間ではやはり胡散臭いというイメージが強かったという印象を受けました。



しかし近年では、若い女性の方も増えてきている。
時代は変わってきているのだなぁ~と感じたしだいです。


当時、その意図は解らずに作成したのですが
これを見つけた瞬間に、やっとその意図が解ったしだいです。


・金額¥500 何故?
私に練習させスキルアップを考えていたのです。
当時結構依頼も多く、割合遠方からの電話も入ってましたので
信頼されていたのだと思います。


おかしげな話ですが、父が他界し病院から家に帰ってくるや否や
お客様から依頼の電話が、有ったことを鮮明に覚えております。


私のブログでアップさせて頂き、陽数象意とはどのような占術なのかを
ご覧になって下さいませ。


当たり前のことですが、陽数象意の見方に必要な文言が結構入っています。


父に感謝  皆様に感謝です。。。。。

ありがとうございます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。

カテゴリ
記事一覧
記事一覧
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新コメント
ご訪問有難うございます