最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

陰陽 おんよう の考え方

陰陽「おんよう」、「いんよう」とも読みますが「おんよう」と読んでください。
陰陽五行説「おんようごぎょうせつ」
当然のことですが、的を得たものの考え方・見方です。







以前にも記述しましたが、
「型にはまった凝り固まった見方」はしないほうがいいです。

型にはまった見方でなく鷹揚に

型にはまった見方でなく鷹揚に角度を変えて

型にはまった見方でなく鷹揚に 数理推命陽数象意





それを邪魔しているのは何か❓
それは、あなたの生真面目さです。



よく考えてみてください。
自分自身でも自身の将来がどのようになるか確固としたものが解らないのに、
占いであなたの将来はこのようになります。
と断言できるでしょうか?



人生は、その方の平素の行動・向上心・人との関わり方等により大きく変化します。



占いは統計学ではありませんが、確かに傾向は読めます。
それは、数多く作盤をすればするほどその傾向というか
パターンは読めるようになってきます。




しかし、それはあくまで盤上の出来事であり指針であるだけで
絶対的なことではありません。
依頼されてくる方は、「心のよりどころ」を求めてくるわけですので
しっかりと、ご自身の見立てを自身の持てる術を総動員してみればいいです。
確固とした答えというのはありません。




仮に10人の占者がいたとします。
10人が10人とも同じ答えが出るか?


出ません。


ベースの部分(5割の部分)は多少の差異があるかもしれませんが
同じような結果が出て当たり前です。
伝え方が難しいですが、10人が10人とも50%の部分ということです。
ですので、基本的な事柄をご理解されてれば50%は当たるということです。



占いは、当てもん ではありません。
大げさに言うなら、カウンセラーでしょうか?
私は個人的には、あまり好きではありませんが。



前置きが長くなりましたが
いずれにせよ、ご自身の占断に自信を持って
あなたなりの見立てとアドバイスを、依頼者様にお伝えすることです。




「陰陽」
しっかり瞬時に、この依頼者の方は本心を語っているのか否か?
顔と目と仕草・態度を見ていれば解ります。
騙されぬようにしてください。

私は平素そういうことを生業としてますので、何となく勘が働きます。


要は、いま・今・現在・・・・・今後は ⇒ 陽です。
内面にあるのは、陰です。


物事には、陰もあれば陽もあります。
だから陰陽

・男と女
・光と影
・月と太陽
・プラスとマイナス 等々


表ばかり見ていてはだめです。
裏もしっかり見てください。
華やかな裏には、汚いどろどろとしたところが一杯あります。


これが社会であり人生です。
説教がましくなってしまいました。
申し訳ございません。



次回には、簡単な盤上で見る「陰陽」の基本的なことを記述いたします。
基本さえご理解されていれば簡単なことですので。
どなたでも、すぐに取り入れることができるものです。
当然、陽数象意での見方も絡めてです。







本日もご訪問ありがとうございました。
                      数理推命陽数象意














関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。


カテゴリ
記事一覧
記事一覧
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ご訪問有難うございます