数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認

  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。

数理推命 陽数象意基礎編  ⇒  資料請求 赤

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

型にはまった見方でなく鷹揚に 数理推命陽数象意

洋の東西を問わず何事にせよ、表もあれば裏も有ります。
しかしそれは、どちらが表か裏かは解りません。
数理推命陽数象意もしかり、数理占術も裏占術と巷では言われている
部類に属するかもしれません。答えは人の捕らえ方です。







今回は数理推命陽数象意についてもう一度ご説明させていただきます。


ご参考までに
1.型にはまった見方でなく鷹揚に (11/18)

2.型にはまった見方でなく鷹揚に角度を変えて (11/20)




以前にも記述いたしましたが、
数理推命陽数象意は陽数を使用します。
ちなみに、数理占術も陽数を使用いたします。


気学は陰数です。


では、陽の数字と陰の数字なにが異なるのか?
もしかすると、この表現もおかしいかもしれません。

それは、冒頭にも述べましたように
「洋の東西を問わず何事にせよ、表もあれば裏も有ります。」


光と影、表と裏、上と下、明と暗、生と死
陰陽の関係性は陰は陽へ、陽は陰へと引き付けられます。

これが太極を表しています。
「陰極まり陽となる。、陽極まり陰となる。」

回りくどくなりましたが、
要するに「陽数」も「陰数」も表裏一体ということです。
しかしこれでは答えになりませんね。


数理推命陽数象意・数理占術も気学とは違う角度から見る占術です。


数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。

数理推命陽数象意 先天後天 ⇒ 詳細

目の前にある物を、別の角度から見るということになります。


時の記号を数理といい、その質を数霊(ことだま)といわれます。
人の記号として生年月日時があり、その固体に対し親が命名
それが姓名となり、その言霊・音霊・数霊を見る占術です。

例えば
邦暦の年月で九紫火星 ⇒ 2
         五黄土星 ⇒ 6

邦暦九星に対して数理の九進法は逆流と順流の関係です。
「陰陽道に説かれているように、裏側の意味や現象にも真実が隠されている」
というように角度を変えてみるという術となります。

何がよいとか悪いというものでなく、角度を変えて見ていくということも必要では?
長くなってしまいました。


次回に前回の例に基づいて
数理推命陽数象意で精査をご掲載させていただきます。


本日もご訪問有難うございました。
数理推命陽数象意






関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。


カテゴリ
記事一覧
記事一覧
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ご訪問有難うございます