数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認

  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。

数理推命 陽数象意基礎編  ⇒  資料請求 赤

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

命盤の数象はその人物を良くあらわす。

数理推命陽数象意では、命盤作成時6つの数字を命盤に記入していきます。
「姓数・内数・名数・人名数・外数・種命数」の6つです。
この6つの数象が表している事を読み解くことも大切ですが
もっと大局的に捉えることも必要です。






大げさな言い方かもしれませんが
型にはまった物の見方ではなく、リミッターを外した見方をすることも大切です。



一部の方には、お伝えいたしましたが
十人十色、色々な見方があるわけですから
型にはまった見方をすれば、視野が狭まり応用が利かなくなります。



今からお伝えさせて頂くことは、
数理推命陽数象意だけでなく、どの占術でも使えることです。
そのような意味からも、型にはまった物の見方ではなく、
リミッターを外した見方が大切だと私は思います。




さて、前置きが長くなりましたが
数理推命陽数象意では、命盤作成時6つの数字を求め命盤に記入していきます。
個々の意味を吟味することも大切ですが、


他方単純に
・「天数系列」が多いのか?

・「人数系列」が多いのか?

・「地数系列」が多いのか?

というような簡単な見方をすることも大切です。




ちなみに「天数系列」⇒ 3 6 9

      「人数系列」⇒ 1 4 7

      「地数系列」⇒ 2 5 8


どの数象が多いのかと見ることです。





・「天数系列」⇒自分の感覚や直感を大事にし、人にあまり影響されることがなく行動するタイプ。

・「人数系列」⇒感受性が強く、人間関係を大事にし人に優しく接し行動するタイプ。

・「地数系列」⇒物事を緻密に精査し、納得したうえで行動するタイプ



このような意味からも、
「姓数・内数・名数・人名数・外数・種命数」の6つのうち
どの系列の数象が多いかで、何となくその人物がイメージできるかと思います。



しかしここで気を付けなければならないのが
6つの数象のうち、半分の3つまでは辛うじてOKですが
4つとなると偏った物の考え方が強く出ます。



例えば
天数系列が多いと、情に左右されない自己中心的な物の考え。
人数系列が多いと、自主性がなく周囲の状況に流されやすい。
地数系列が多いと、融通性がなく頑固。

などの凝り固まった、物の考え方になりやすい傾向となります。
このような事からも、均衡の取れたバランス良い名付が必要となります。



この様な事を申せば、これを生業とされておられる、
プロの術者様から苦情が来るかもしれませんが


占術にも、各種さまざまな術がありますが
固定観念を捨て、垣根を越えた鷹揚な見方を取り入れて対処される方が
自身のオリジナリティーも加味され、幅が出た良い占断を下すことができます。

何度も申し上げますが、依頼者様も術者も十人十色
占断のアウトラインは変わらずとも、仔細の部分は私たち術者の色を出せばいいでしょう。


型にはまった見方よりも、術も広く大局的な見方を。




本日も有難うございました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。


カテゴリ
記事一覧
記事一覧
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ご訪問有難うございます