数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認

  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。

数理推命 陽数象意基礎編  ⇒  資料請求 赤

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

見落とせば誤占の元になる最重要ポイント

暗剣殺の対冲は×になる。歳破・月破の対冲は×になる。
命盤を作成において、誰しも意識していることなので見落としは
まずありえないことです。
しかし、数理推命におきましては姓名画数から抽出した5つの数字と
生年月日から求めた数字、合計6つの数字を盤に記入していかねばなりません。





この作業において、見落としがちな落とし穴があります。
これを見落としてしまえば、いわゆる誤占になります。
その重要なポイントをお伝えいたします。


手前味噌になりますが、術者はその術にとって大切なポイントは簡単に人様に教えない。
ましてやネット上にやすやすと公表いたしません。
大げさに言ってるのではありませんが、
術者にとって重要なポイントと言うのは企業秘密なのです。



あえて今回、ご訪問いただいてくださっている皆様にお伝えさせていただきます。
これは最も重要なことですので忘れないでください。




■盤上で×が付かなくとも付くケース(重要)

以下ご覧になって下さい。

陽数象意 内数★.


上記の例は、内数1が1×となるため「名数・人命数」も共に×となり
盤を作成時に×が付かなくとも、付くようになる非常に重要なことです。


姓名は表示してませんが、姓(4 5)名(5 9)としています。


姓名(4 5 5 9)
     ↑ ↑
     ①+②⇒ 5+5=10=1となります。(内数)


★内数1が潰れになるため、内数1を構成している①と②(各々5)
 名数・人命数の5がそれぞれ×が付くようになります。



名数・人命数が×になり、この方の5という数字の象意が悪く現れるということが
自ずとお解かりになられでしょう。
ワンマン・暴君というのがあからさまに出るということです。



この例の方は、1が3つ、5が4つと非常にこの二つの象意が前面に出ている方です。
しかも内数が潰れ、その影響で名数・人命数までも潰している。
明らかに先天(生年月日)に対し、後天(姓名:名づけ)が上手くかみ合っていない例といえましょう。


いくら良い運勢を持って生まれたとしても、後天(姓名:名づけ)と上手くかみ合わなければ
苦労ばかりで周りが誰も付いてこないワンマンとなってしまいます。


そのような意味におきましても
名づけと言うのは、親が子に与える最大の贈り物といえましょう。


話がそれてしまいましたが、
始めの作盤で×が付かなくとも、数理推命陽数象意では冒頭に述べましたように
作盤に6つの数字を当てはめていきますので(生年月日・姓名画数より)その結果
付かなかった×が付くようになる場合があります。

本日もありがとうございました。



最後になりましたが、私がいつも訪問させて頂いております
気まぐれ食いしん坊の台湾ごはん」様がいったん終了されるようです。
非常に残念でなりません。
私自身短い間でしたが、よいお付き合いさせていただき本当にありがとうございました。
この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。

また今後より一層バージョンアップされて楽しませてください。
食べ歩き1000件本当にお疲れ様でした。
ご苦労様でした。

ありがとうございました。涙涙涙・・


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。


カテゴリ
記事一覧
記事一覧
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ご訪問有難うございます