最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

問題7 解説 西暦を横に足すと陽数になりそれを11から引くと陰数になります

四柱推命では命式から格局、陽数象意や気学では命盤
これを確実に出せなければその時点でアウトです。
占いは「当てるよりも与えろ」と言われます。
持論ですが「当てることが出来るから、与えることが出来る。」と私は思っております。

問題7 解説 西暦を横に足すと陽数になりそれを11から引くと陰数になりますの続きを読む


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

問題6 解説 元号に惑わされる事なく年盤・月盤の求め方は基本通りです

6回目の解説となりましたが、
年盤月盤の求め方は、多少お解かりになってこられましたでしょうか?
私がお伝えしている、陽数象意も気学も年盤月盤の求め方は同じと言う意味合い
ご理解されましたでしょうか?
何度も申し上げますが、求めた結果を11から引いた数字が陽数もしくは陰数です。
この理屈さえ覚えておかれば、簡単に頭で陽数・陰数を出すことが出来ます。

問題6 解説 元号に惑わされる事なく年盤・月盤の求め方は基本通りですの続きを読む


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

問題5 解説 命盤作成の肝は月の節の見極めと節分が最大ポイントです。

年盤を求める際の節は節分、月盤を求める際は月の節
今回は少しだけひねった問題でした。
月の節の見分け方は難なくクリアできたことだと思います。

問題5 解説 命盤作成の肝は月の節の見極めと節分が最大ポイントです。の続きを読む


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

問題4 解説 気学も陽数象意も盤の中心の求め方の基本は同じ行事出来事関係なし。

陽数象意や気学の盤の中心を求めるにあたって、行事や出来事は全く無関係です。
当たり前と言えば当たり前です。
少々幼稚な問題だったかもしれません。

問題4 解説 気学も陽数象意も盤の中心の求め方の基本は同じ行事出来事関係なし。の続きを読む


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

問題3 解説 年盤月盤を間違えない様に毎月の節入り節変りに要注意。

節入り節変りに要注意の問題でした。
その部分だけ注意されれば、特に難しい事はなかったと思います。
萬年歴を持ち合わせればベストですが、今やネットでも解りますし
気学・紫微斗数・奇門遁甲・四柱推命等の本の巻末にも掲載されてますので
大丈夫でしょう。

問題3 解説 年盤月盤を間違えない様に毎月の節入り節変りに要注意。の続きを読む

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意



数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。

カテゴリ
記事一覧
記事一覧
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新コメント
ご訪問有難うございます