数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認
  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。
数理推命 陽数象意基礎編  ⇒ 資料請求

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

問題6 解説 元号に惑わされる事なく年盤・月盤の求め方は基本通りです

6回目の解説となりましたが、
年盤月盤の求め方は、多少お解かりになってこられましたでしょうか?
私がお伝えしている、陽数象意も気学も年盤月盤の求め方は同じと言う意味合い
ご理解されましたでしょうか?
何度も申し上げますが、求めた結果を11から引いた数字が陽数もしくは陰数です。
この理屈さえ覚えておかれば、簡単に頭で陽数・陰数を出すことが出来ます。





さて問題6の解説を致します。
元号が明治になっておりますので、戸惑われるかと思いますが
元号による加減点を覚えておかれば、なんら問題ありません。

ここまで問題をこなされて来られた方なら、
一目で月盤は節入り後とお解かりになられるでしょう。

よって、年盤の求める加減点だけの問題となります。


問題6 解説 「明治31年4月27日 17:19生」

陽数象意 年盤月盤作成問題 解答 問題 6



まず節入りか否かを見極めます。


4月の節入りを調べますと以下になります。

     節入り日      時刻   節気  月の干支  月命星
1898年(明治31)4月4日      丙辰   三碧木星

明治31年4月の節入りは、4月4日 時間不明
よって、明治31年4月27日 17:19生の方は節入り後の生まれと解ります。



★盤の中心になる数字は単数にする。

「年盤」の求め方
  明治31年生まれ(戊戌年)
  31+4(明治は+4)=35=3+5=8
  年盤の中心は ⇒ 8となります。




「月盤」の求め方(丙辰月)
  年盤の中心は ⇒ 8と解りました。
  8は地数系列(2 5 8)ですので ⇒ 4
  4を月の数に足します。 4+4(4月の事です)=8
                 
  月盤の中心は ⇒ 8となります。


各々の求めた数字を中心として飛泊させます。



「準破壊」の求め方
問題6は年月同盤となりますので、準破壊はありません。



節入りか否かで、大きく答えが変わってきます。
・年は節分
・月は前半(9日ころまで)
節入りに気を付ければいいです。


今回の問題6は元号が明治であることがポイントです。

・平成・昭和は -1

・明治は    +4


毎度申し上げますが、年盤・月盤の作成が大切ですので
しっかり自分の物にしてください。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。

カテゴリ
記事一覧
記事一覧
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新コメント
ご訪問有難うございます