数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認
  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。
数理推命 陽数象意基礎編  ⇒ 資料請求

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

四柱推命では必須の変化干合と無作用干合の違いを解説します。

干合には変化干合と無作用干合そして倍化干合が,あることを先にお伝えしました。
陽数象意や気学ではあまり必要ないですが、ご自身のスキルアップに
知識としてお持ちになって下さい。
必ずお役に立つことと思います。



●変化干合と無作用干合

変化干合とは干合した干が、別の干に変化するという干合です。

変化干合にはポイントが2つあります。



■ポイント1

            月令

・甲-己の干合 ⇒ 土(戊、己)の時のみ変化

・乙-庚の干合 ⇒ 金(庚、辛)の時のみ変化

・丙-辛の干合 ⇒ 水(壬、癸)の時のみ変化

・丁-壬の干合 ⇒ 木(甲、乙)の時のみ変化

・戊-癸の干合 ⇒ 火(丙、丁)の時のみ変化





■ポイント2

            月令

・甲-己の干合 ⇒ 土(戊、己)の時、甲が戊に変化し己は変化しない。

・乙-庚の干合 ⇒ 金(庚、辛)の時、乙が辛に変化し庚は変化しない。

・丙-辛の干合 ⇒ 水(壬、癸)の時、丙が壬に辛が癸に変化。

・丁-壬の干合 ⇒ 木(甲、乙)の時、丁が乙に壬が甲に変化。

・戊-癸の干合 ⇒ 火(丙、丁)の時、戊が丙に癸が丁に変化。



★月令とは月支蔵干のことです。⇒ 参照資料



(例)ポイント1

変化干合しない 例

年干の辛と月干の丙が干合しています。(丙-辛の干合)
しかし月支が午で、午の月支蔵干は(丁)となっておりますので
変化干合とはなりません。

これを無作用干合といいます。
四柱推命では、年干と月干は無いものとみます。
結果的に格局に影響を及ぼします。



(例)ポイント2

変化干合 化金 例

月干の乙と日干の庚が干合しています。(乙-庚の干合)
月支は酉で、酉の月支蔵干は(庚)となっておりますので

・乙-庚の干合 ⇒月令が 金(庚、辛)の時、乙が辛に変化し庚は変化しない。

これに該当します。

この場合、四柱推命の命式を書き換える必要が有ります。
生れたときの命式であれば、一生変化した命式となります。

大運・行運は別です。



陽数象意や気学で応用されるときは、
干合の意味を良く押さえていただき、生年月日のそれぞれの干支で
干合の有無を見極め、変化干合だけを見ていただければ精度がアップします。


例えば

年柱  甲亥

月柱  己丑(己)

日柱  壬寅



これが三柱の例です。
多分このパターンが多いでしょう。

この三柱の命式で判断しますと、年干の甲と月干の己が干合となります。

また月令が(己)なので下記に該当します。
・甲-己の干合 ⇒月令が 土(戊、己)の時、甲が戊に変化し己は変化しない。



よって、四柱推命では自分自身が剋されるため(土⇒水を剋す)
多少苦しいところも有りますが、干に対し根がありません。
自身には根がありますので、自分自身を持っていますが
己土濁壬になっているところが非常に良く有りません。


これを、陽数象意や気学にミックスすればいいです。
四柱推命を知らなくとも、(土⇒水を剋す)はお解かりになられると思いますので、
これをご活用されればいいです。


皆様のスキルアップを願っております。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。

カテゴリ
記事一覧
記事一覧
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新コメント
ご訪問有難うございます