数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認
  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。
数理推命 陽数象意基礎編  ⇒ 資料請求

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

子平(四柱推命)と気学

子平(四柱推命)は命占と呼ばれる部類に属します。
推命学というのは、個人の生年月日時を元に命運を求める占術で
単純に干支五行(木火土金水)のバランスで良し悪しを推し量る占術です。






上記はごく単純に述べただけで、これでは推命はできません。


干支五行でバランスを見る作業で格局を求めます。
極端に五行が偏った命式もありますがこれを従格とします。
従格は極端に五行が偏っていることを良しとします。


■従格は身強と身弱に分かれます

■身強の従格には

・従旺格

・従強格

■身弱の従格には

・従児格

・従財格

・従殺格 に分かれます。



上記は極端に五行が偏った命式ですが、それ以外の命式は内格といいます。
内格とは、命式の五行が平均し弱い五行を強め、強い五行を弱めるというように
なるべく五行の強さが平均になるようにする格局の取り方です。


■内格

・身強と身弱に分けられます。
 細かく分けると以下になります。


・比肩  建録格

・劫財  月刃格

・食神  食神格

・傷官  傷官格

・正財  正財格

・偏財  偏財格

・偏官  七殺格

・正官  正官格

・偏印、印綬  印綬格



以上、子平(四柱推命)における格局の概要ですが
格局を取るに当たり、優劣を付けているのではありません。
従格が良くて内格が悪いとか、身強が良くて身弱が悪いとかの優劣は
全く関係ありません。



この干支を元にする子平(四柱推命)には、気学の根幹をなしている約束があります。
例えば、歳破・月破等々があります。
また、十二支についても同様のことが言えます。



十二支についての詳細を記載いたします。
以下のことは、陽数象意・子平(四柱推命)・気学等々占いと名の付く術の基本となります。
子平(四柱推命)で蔵干と言われています。


・子 ⇒ 陽であるが活用は陰 五行は水性

・丑 ⇒ 陰 五行は水性(冬のため) 冬の五行のため土性とし、
     三合金局の墓気に当たるところから金性も含まれる。

・寅 ⇒ 陽 五行は木性(春のため) 三合火局の生気に当たるところから火性であり
     前節の気を若干受けるところから、土性も含まれている。

・卯 ⇒ 陰 五行は木性(春のため)

・辰 ⇒ 陽 五行は木性(春のため) 春の土用に当たるため土性
     三合水局の墓気に当たるところから水性も含まれる。

・巳 ⇒ 陰であるが活用は陽 五行は火性(夏のため)三合金局の生気に当たるところから金性であり
     前節の気を若干受けるところから、土性も含まれている。

・午 ⇒ 陽であるが活用は陰 五行は火性(夏のため)
     天地同根の意から土性も含まれている。

・未 ⇒ 陰 五行は火性(夏のため) 夏の土用に当たるため土性
     三合木局の墓気に当たるところから木性も含まれる。

・申 ⇒ 陽 五行は金性(秋のため) 前節の気を若干受けるところから、土性も含まれている。
     三合水局の墓気に当たるところから水性も含まれる。

・酉 ⇒ 陰 五行は金性(秋のため)


・戌 ⇒ 陽 五行は金性(秋のため) 秋の土用に当たるため土性
     三合火局の墓気に当たるところから火性も含まれる。

・亥 ⇒ 陰であるが活用は陽 五行は水性(冬のため) 前節の気を若干受けるところから、土性も含まれている。
     三合木局の生気にあるところから木性も含まれる。




詳細は以上ですが、多少?と思うところがあると思います。
多分一般の書籍では記載されていない事柄です。
下の図でイメージしてください。


十二支
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。

カテゴリ
記事一覧
記事一覧
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新コメント
ご訪問有難うございます