数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認
  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。
数理推命 陽数象意基礎編  ⇒ 資料請求

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

三合

三合とは、運気の始まり(長生)、最盛(帝旺)、終わり(墓)の三つの星が揃う事により、
五行の性質が強調されて現れることです。





■陽数象意 十二支重点

・12支を良く見る。 (12支=干と違って結果を表す為



12支=三合の確認

✳︎3つの内2つを本人が持っている事が条件(象意が強い)




略 [長生⇒生、帝旺⇒旺、墓⇒墓

・生 ⇒ 始まり

・旺 ⇒ 一番盛ん

・墓 ⇒ 終わり





      生      旺     墓
木 ⇒ 亥(始まり) 卯(一番盛ん) 未(終わり)

火 ⇒ 寅(始まり) 午(一番盛ん) 戌(終わり)

金 ⇒ 巳(始まり) 酉(一番盛ん) 丑(終わり)

水 ⇒ 申(始まり) 子(一番盛ん) 辰(終わり)




[生 旺 墓]

1 亥 卯 未  (木局三合)

2 寅 午 戌  (火局三合)

3 巳 酉 丑  (金局三合)

4 申 子 辰   (水局三合)


三合会局





■木局三合(1)

亥、卯、未 ⇒ 年月でこれ等の星廻りで若干の凶い所があっても他の援助を得て
        転禍為福の実をあげられる。(人気、交際)



■火局三合(2)

寅、午、戌 ⇒ 名誉才能に恵まれ栄達、信用の上で良好を維持する
(名声、バイタリティ)





■金局三合(3)

巳、酉、丑 ⇒ 金運の上で助力者を得て良好を得,独身者は結婚運に恵まれる
                     (物質)





■水局三合(4)

申、子、辰 ⇒ 陰の助力者を得て良好を保つ,陰の仕事が本業以上とか陰の収入を得る。
(子孫)




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。

カテゴリ
記事一覧
記事一覧
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新コメント
ご訪問有難うございます