数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認

  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。

数理推命 陽数象意基礎編  ⇒  資料請求 赤

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

姓名画数

生年月日時は本人が持って生まれた宿命運と言われます。(先天)
よって五黄の年で、強めた方は宿命的因縁を持っていると見ます。

・名は後天的に親が子に与える最大の贈り物と言える物で、子に与える運であります。(後天)


人は、自身の生まれ(生年月日時・姓)を選択することはできません。
必然的に生年月日時・姓は決まってしまいます。
先天という事です。


先天的な事柄は変えようがありません。
先天的に五黄の年、五黄の月、姓の画数で五黄を持っている等
これらは宿命的因縁を持っていると見ます。


しかし名前は後天的に命名するものなので、五黄を姓名等で強めるような事は避けましょう。
そのような意味から、
名は後天的に親が子に与える最大の贈り物と言える物で、子に与える運であります。




[姓名画数の分け方]

*姓数、内数、命数、人命数、外数, 種命数(生年月日)に分けます。




・種命数 ⇒ 身体的にその本人の最大の弱点を指す。

・姓数 ⇒ 宿命的なその家の考えや柄を示す。

・内数(自己数) ⇒ 本人が持つ考え方、姿勢を表す。

・命数(名数) ⇒ 親から与えられた運で終生共に歩む。

・人命数  ⇒ 姓名の総画数で、男性は姓の変化のない限り宿命と全てを託した物と見る。

・外数 ⇒ 姓の頭と名の後ろの方と出す画数(晩年を表す)




※姓名画数で一番の要点(象意=吉凶を強く示す)は、
姓数は言うまでも無いが、名頭の画数は本人に対して顕著に象意を表すので重点的にみます。




※姓名の画数において

・姓数で末尾が0、名数の末尾が0となる画数の姓名がある。

*0は画数全体で1つは大丈夫、2つ以上は浮き沈みの多い運勢と見る。

*名頭 = 姓数 ⇒ 準破壊

*名数・総画数 = 姓数と同じは運勢に変化多く次第に運勢が低下
                     (年を取るに従い凶意を示す)




*数理鑑定のポイント

・名の画数を変えても、有効な働きが出るのに10年以上かかると言われる。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。


カテゴリ
記事一覧
記事一覧
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ご訪問有難うございます