数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認

  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。

数理推命 陽数象意基礎編  ⇒  資料請求 赤

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

象意覚え方 連想

陽数象意も数理占術と同様、基本は気学と同じです。
象意を覚えなくてはなりません。






象意を覚えると言っても
1~9までの各々の数字の象意を覚える事は不可能です。
膨大な量の象意がありますので。

当初、私も各々の数字の象意を暗記してました。
これは、覚え切れません。

まずは象意基本 メインを読んでいただき、各象意のイメージを掴んでください。
何となくでいいです。

その上で一白水星から九紫火星までの各象意を見ていくと解りやすいです。

一白水星
二黒土星
三碧木星
四緑木星
五黄土星
六白金星
七赤金星
八白土星
九紫火星


連想力を養いましょう

連想力アップには二つの方法があるとの事です。

「惑星型」と「クサリ型」


■惑星型とは
一つの単語から連想されるたくさんの単語を連想する事。



■クサリ型とは
一つの単語からスタートして、次から次へと連想を一本道でつなげる方法。


しかしどちらの連想も、単語を数個書き出した段階で行き詰ってしまうことがあります。
それは、一つの連想回路から抜け出せず、思考が堂々巡りするからで
そのような時は、「視点をずらす」ことにより閉じられたイメージから脱出できます。


上記の連想力アップ方法を参考にして頂いて
陽数象意  象意について八卦を各々連想してください。
各象意のイメージが出来ていると思いますので、
以前と比較して連想しやすくなっている事だと思います。




位置が持つ象意の暗示 一覧表
鑑定盤 位置が持つ暗示


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。


カテゴリ
記事一覧
記事一覧
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ご訪問有難うございます