数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認
  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。
数理推命 陽数象意基礎編  ⇒ 資料請求

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

陽数でも傾斜宮を求めることが出来ます。

傾斜法というのは、その方の本質的な隠れた性格を知る方法です。
一般的に気学傾斜法と呼ばれていますが、
その求め方は中宮の月命星から本命星を飛泊させ、その方の傾斜宮を求めることになります。
同様に陽数でもそれを求めることが出来ます。



気学傾斜法でその方の本質を見る方法を掲載しておりますが
気学 = 陰盤 隠遁します。

飛泊順
1.中宮
2.乾宮
3.兌宮
4.艮宮
5.離宮
6.坎宮
7.坤宮
8.震宮
9.巽宮

  ⇓
1へ戻る。と飛泊します。(遁甲といいます。)



*例として下記のような方であれば

・本命星 ⇒ 七赤金星

・月命星 ⇒ 三碧木星

・傾斜宮 ⇒ 離宮傾斜となります。

上記の例は、気学傾斜法でご確認ください。



さて本日のタイトル「陽数でも傾斜宮を求めることが出来ます。」
隠遁・陽遁がご理解頂いてられる方には、何をいまさらという事になりますが

・隠遁の場合は、中宮⇒乾宮と飛泊します。(上記です。)


■陽遁の飛泊順

飛泊順
1.中宮
2.巽宮
3.震宮
4.坤宮
5.坎宮
6.離宮
7.艮宮
8.兌宮
9.乾宮

  ⇓
1へ戻る。と飛泊します。(遁甲といいます。)

逆旋します。


陽遁




これを元に飛泊させれば陽盤においてでも、簡単に傾斜宮を求めることが可能です。
わざわざ陽数を陰数に戻さなくとも、求めることが出来ます。


隠遁・陽遁の原理は、詳しく載っている書籍もしくはサイトで調べてください。
理屈は理解できますが、私には説明できません。悪しからず・・・


さて、もう一度上記の方の例で見ますと

・本命星 ⇒ 七赤金星

・月命星 ⇒ 三碧木星

・傾斜宮 ⇒ 離宮傾斜となります。


陽数では

・本命星 ⇒ 四緑木星

・月命星 ⇒ 八白土星 となります。

結果
・傾斜宮 ⇒ 離宮傾斜となります。


陽数傾斜法


この事からもお解かりになられると思いますが、すべては表裏一体
まさしく陰陽です。





本日も有難うございました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。

カテゴリ
記事一覧
記事一覧
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新コメント
ご訪問有難うございます