数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認
  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。
数理推命 陽数象意基礎編  ⇒ 資料請求

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

十二支の関係による冲・害・刑・破

四柱推命において冲・害・刑・破を使うところと使わない所と
二分されますが数理推命陽数象意においては使います。
四柱推命中国では子平・ハ字といわれますが、本場では干合・支合・支冲のみとなります。





先に支合・支冲について記述いたしましたが、冲・害・刑・破についてを記述いたします。
字面からもご想像付くかと思いますが、冲・害・刑・破とは悪い状態を表します。

具体的に申しますと、十二支同士の相性が悪い状態を表しています。
一般にこの冲・害・破・刑のとき、相性の悪さなど凶作用があります。
 


■冲・害・刑・破も強さの度合い。

1.冲

2.害

3.刑

4.破


上記の順番で冲が一番強いといいますか、一番きつく出ます。
ただし、破の場合の作用は薄いです。



■七冲

七冲は最も凶作用が強い十二支同士の組み合わせ。
十二支の7つ目の陽干・陰干同士が全く正反対ため凶作用が生じます。
支衝



■六害

六害とは支合する二つの十二支を冲する関係の十二支との関係。
健康状態に影響する。



■三刑

三刑は十二支を剋する三つの関係。

・「勢いをたのむ刑」⇒ 勢いがありすぎて失敗

・「恩無き刑」⇒ 恩を仇で返す

・「礼無き刑」⇒ 親と子の身内同士の反発やトラブルが起きる




■自刑

自刑は勢いが強い同じ十二支同士の関係。
自刑を持つと過剰な闘争心でトラブル、自分の不注意で災いを招いたりしやすい。



■破

破十二支を順番に数えて十番目の支。
あまり重視しません。
四惑十悪のことで四つ、十違いの男女の相性が悪いとみます。



今回は簡単に述べさせていただきました。
思うように記述も出来ず申し訳ございません。
時間が足りません。

その内、本格的に始動いたします。
本日もありがとうございました。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。

カテゴリ
記事一覧
記事一覧
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新コメント
ご訪問有難うございます