数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認

  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。

数理推命 陽数象意基礎編  ⇒  資料請求 赤

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

米卦問事(米占い)の概要

台湾占い師「洪雨辰先生」のもとで見て頂いて、早いものでかれこれ4ヶ月となりました。
時折、米卦問事を思い出す程度でしたが何となく気になっていました。



*台湾占い横丁の占い師「洪雨辰先生」の詳細はこちらでご確認ください。

台湾占い横丁1

台湾占い横丁2 これぞ占い師!

台湾占い横丁3 感想


時間が空けば、父が書き留めていた鑑定の記録を見ているのですが
これが何故このように見るのかと、理解できないことも出てきます。
その一つの事柄を追い求めて、同じようなパターンの鑑定結果を読み漁っている。
これが結構勉強になるんですね。



答えを見つけ出す楽しさ。といっても過言でないです。
正直イライラしますが。

先日も一つ答えを見つけました。
このことは、また後日記述いたします。


大げさに言うわけでは有りませんが、苦労して見つけた答えというのは
「血となり肉となる。」ように感じます。


そんな作業を繰り返しているのが、私の帰宅後のパターンです。
これをする前に、ゴルフの素振りをしてお風呂に入って食事してますが



先日、ついに見つけました。
大発見!というよりも灯台下暗しでした。


米卦問事(米占い)について綴っていました。
概略だけでしたが


文面をそのまま記述いたします。



*米占い
 
 きれいな精米を二粒(凶)・三粒(吉)を紙に包み神様に供える
 神様に神のお告げを尋ねる。
 そして、村の長がとりあげた包みの物により
 1月15日あずき粥を炊き、細い竹筒をその中に差込
 あずきと米の数を見る。
 偶数を吉、奇数を凶とする。


このように書いていました。
少々理解しづらいところが有りますが、何となく言わんとすることが解ります。



私は何が知りたかったのかといいますと
実際に自身が、米卦問事(米占い)を使おうという気は毛頭無く
その概要と、どのような経緯で持って使われていたのかという事が
知りたかったのです。



そのノートには、父が教えてもらった先生の,多分講義の議事録だと思いますが
色々な占術の名称と、大まかなその術の概略が記載されていました。
これもまた追って記述しますが、聞き覚えのある占いもあれば、そうでないのも有ります。
⇒ 色々な占術


中には、占いというよりも
・くじ引き?
・当てもん?

というようなたぐいの物も有ります。

占いというのは、総称すれば結果は「当てもん」なのかもしれませんね。

このように言ってしまえば、元も子も有りませんが
結果的には、やはり心のよりどころなのでしょう。


しかし私は、自身が受け継いだ陽数象意(数理推命)を
後継者に伝授していこうと思っています。

なぜなら、陽数象意を会得すればその的中率は本当に凄いです。
その為に私も、まだまだ術を磨いている最中です。

これで完璧だと言える日は来ないと思いますが・・・・
終わりなき戦いです。


また追って記述いたします。
ありがとうございます。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。


カテゴリ
記事一覧
記事一覧
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ご訪問有難うございます