数理推命 陽数象意基礎編 ご案内 

あらゆる占術の基本と,数理推命陽数象意の基礎をまとめました。
あなたも明日からこれで占えることが出来ます・・・的中率アップは努力次第。
概要はこちらでご確認ください⇒ 確認

  ブログではご紹介できない重要事項も掲載しました。

数理推命 陽数象意基礎編  ⇒  資料請求 赤

最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

占いの学習方法ってどうすれば良いのか解らない。

占い占術、当たるも八卦当たらぬも八卦などと巷では言われております。
私ももれなく同様の考え方でした。
たかが占い。そんな話を真に受けてどうするの?
という具合に考えていました.。   ある時までは・・・・





ある時というのは、ご挨拶で記述しておりますので宜しければご覧になって下さい。
ご挨拶でも記述しておりますが、私の父は術者であり師でもあります。
よってその類の書籍には事欠きませんでした。



占い占術という学問は、運命学という位置づけでお考えになられれば
「当てもん」ではないということに、お気づきになられると思います。

また学生の頃より学んでこられた「数学、現国、古文、英語、社会、政経、物理、化学」等とは
違った異質な分野になりますし、身近にそのような方がいなければ
何をどこからどのように取り組めばよいのかお解かりになられない。
当然のことでしょう。



占いの学習方法は、師である父に教えてもらいましたので
ご自身に合う方法であるかどうかは、さておきまして一度お試しになられてはどうでしょうか?



箇条書きにするほうが解り易いと思いますが、しっかりお伝えしなければならない所もありますので
文章で表現させていただきます。


■占いの学習方法
初学者の私がまず手渡されたのは、「中村文聡著 気学占い方入門」という書物でした。
これを繰り返し繰り返し読みなさい。と・・・


正直、何度も何度も読み直すのは飽きます。
これが私の悪い癖なのです。   すぐ飽きる・・・
ここでまた出てしまいました。


もっと読みやすい、解りやすい本はないか?
色々とネットで探し回り、「ネコでもわかる気学」等など読みました。
しかし、振り返ってみると「中村文聡著 気学占い方入門」には優りませんでした。
解りやすいですが、趣味程度の占いであればこれで十分でしょう。
本格的にであれば、少々物足りないように感じます。

・もう一冊お勧めの気学書があります。
この書籍は飽きやすい私も結構はまりました。
遠藤尚里著 九星気学占いを始める人のために」これはなかなかいい本でした。


上記で気学を勉強することになった訳ですが、これに平行してご挨拶でも記述しております
「陰陽思想と五行説」これを読むよう言われました。


占いというのは、例えば四柱推命・紫微斗数・姓名判断・数秘術等などありますが
「陰陽思想と五行説」それと「十干十二支」これがベースとなります。
これを疎かにしては絶対にダメです。



話がそれましたが、ただ本を読んでいるだけでは全く持って机上の空論と同じなので
身近な人を見る練習(相手の方が居なくてもかまいません。)を繰り返しすることです。
象意をよく理解しながら、本を見ながらでもかまいません。
次第に見なくても出来るようになります。
あとは、ボキャブラリーを増やしていくことです。


追って続きを記述します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意
数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。


カテゴリ
記事一覧
記事一覧
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ご訪問有難うございます