最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

色と数

太陽の光線は人に七色を表す。虹という。
色は白・黒・青・緑・黄・赤・紫
雨が晴れた空に光る虹の色を見るとよくわかる。





光線は大気の振動で、その振幅の長短により光の色が変わります。
光の色の違いは、振幅の度数によって生じる。
大気の振動を1μ(ミクロン)とします。



大気の振幅の最長は34万μ(ミクロン)、最短は42万μ(ミクロン)となります。
人の目に見えるのは760ミリμの赤い色より400ミリμの紫にいたる七色です。
それ以上およびそれ以下に振幅する光は、人の目には見えません。


・760ミリμ以上の振幅を有する光を土気といい、

・400ミリμ以下の振幅を金気という。


長い振幅の物は遅鈍であり、長い振幅は鋭速である。


天地人の三体





■実相界(今世の事)
 
 400ミリμより760ミリμにいたる大気の振動の範囲を実相界といいます。
 
 実相界のことを研界ともいう。



■金剛界

 400ミリμ以下の金気を金剛界いいます。



■胎蔵界

 760ミリμ以上の土気を胎蔵界といいます。




★上記3界を「天地人の三体」といいます。


★胎蔵界と金剛界の両界を幽界といいます。






人は宇宙の間
未だ人の目に見えない幽界の実在を知ることが必要である。


天地の起動は、
物の形体と色等をもってこれを「事象形象は気より発する」 弘法大師
宇宙の森羅万象を、色を持って観ぜられ「般若波羅蜜多心経」これに継承した。


気学は、宇宙の森羅万象を
「天に逆らうものは滅び、天に従うものは栄える」


・数は一白水性に始まり九紫火星に終わる。
 森羅万象は1に始まり2・3・4・5・6・7・8を経て9に至り1に帰す。



・十干  ⇒ 人の誕生前の天運は金剛界

・十二支 ⇒ 人の死後の天運は胎蔵界

・九気  ⇒ 人の生存中の天運は実相界

依って人の生存中の運の吉凶をみるには、すべて九気によって判断するものである。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意



数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。

カテゴリ
記事一覧
記事一覧
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新コメント
ご訪問有難うございます