最新記事


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

あらゆる占術の基本となる「数のなりたち」

占いの見方等の術を覚えることも大切ですが
物事のベースを理解されるほうが、より一層今後の学習において
理解されやすいと思います。
「数のなりたち」についてです。




私が学んだことですが、箇条書きにいたします。
ご理解されにくいところもあるかもしれませんが
ご了承ください。




■数のなりたち


婁(る) ⇒ 數(す) ⇒ 手に小さな木を持っている。

  シバシバという意味

古くは細い竹の棒のことを言った。



婁(る)は神を言う。

籌(ちゅう) ⇒ 宇宙の中心を言った。



中     陰陽道



宙  如何に生きんべきか











数 ⇒ 數(す)は定め

         定め  廻り合わせ - めぐり合わせ

          |

天命は運命であり、運命は宇宙の理であり道筋である。
                              (成行きである。)


・成行き ⇒ 有様 ⇒ 状態



少々解りづらかったかもしれませんが、
何でもないこのようなことを、頭の片隅に置いておかれればいかがでしょうか?

つづき ⇒ 「数のなりたち2」 



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数理推命 陽数象意

陽数象意

Author:陽数象意



数理推命 陽数象意

数理には数霊が宿り,
・誕生(生年月)=先天的、
・姓名(命名)=後天的な要因を
元に6つの数字を導き出し

今・将来を知り転ばぬ先の杖としてご活用頂きたい術です。

カテゴリ
記事一覧
記事一覧
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Feedly
follow us in feedly
QRコード
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新コメント
ご訪問有難うございます